カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ライバルと共に

  最近、なぜかはわからないのだけれど、また落語が面白い。

落語というものに触れたことがある人は少ないだろうけれど、少しでも興味があれば一度勇気をもってキチンと聞いてみてほしい。その魅力は計り知れないから。まあ今回は落語そのものについて語りたいわけではなくて、表題の「ライバル」っていうのがテーマだ。

なぜ唐突に落語をまた聞いているのかは自分でもわからない。なんというか、酒や煙草に似た禁断症状みたいなものだろうか。「しばらく距離を置いてたけど唐突に会いたくなったの!」的な(笑)。

そんな禁断症状といえば落語と同じくして定期的にやってくるのが「ビートルズを聴きたい!!」って感情。これ、いきなりやってくるのよね。音楽への熱が冷めはじめるとなぜか自然と彼らのアルバムをCDラックから取り出す。意図したわけでもなくなんとなく。そんなわけで、最近また「落語」と「ビートルズ」が生活の中での「聞く」ということの中心なのだけれど、それを続けていてふと気づいたことがある。まあ気づいたというよりそれぞれのファンであれば誰もが思うことなのだけれど。

その気づいたこととは、談志には志ん朝が、ジョンにはポールがいる。つまりは天才、いや、「鬼才」といわれるひとの横には「天才」がいるっということ。この関係性には本当に共通性が多い。例えば談志とジョンが投げかける言葉には、かたちは違えどその同時代に対する怒りや、自分の懊悩的な要素があった。政治的とか批判されても自分の意見は徹底して貫いていた。

それに対して、これは勝手な個人的解釈だけど、志ん朝やポールはなんというか「王道」っていう感じだ。「古典」や「ラブソング」。ある意味ではスタンダード。でもかれらが発するスタンダードはそれまでのスタンダードを超えるレベルだからこそ時代をも超えてしまう。共感の力は圧倒的で不変的だ。どっちがいい悪いではなくて、それぞれが強く共鳴なり反発しあうことで双方高めあい、圧倒的な表現になってきたのだなあと思う。

こういうライバルの構図っていろんな場所であるよね。ビジネス、会社、趣味、生活、生き方。ママ友(笑) ライバル心ってさ、偏るとただの嫉妬心や妬みになりがち。 妬みや嫉妬は誰にもあるものだけど悲しい。間違ってはいけないのはライバル心は他人と自分を比較することじゃない。ものさしは自分一つでいいんだもん。

自分の根っこ(ものさし)を持ちつつ、どこかいつも意識するライバルっていうのがそれぞれに一人でもいるといいような気がする。相手の活躍を期待しつつその反面、自分の尺度で「負けたくない」っと思うような仲間でもありライバルが。

「生涯のライバル」  そんなふうに言える仲間が周りに明確にいる、と思える人は、ある意味、幸せで刺激的に生きれるのではないだろうか。

あなたには「生涯のライバル」といえる人がいますか?

自分の道をすすみながらも、きっとどこかしらでそのライバルの存在が大事な羅針盤になるかもしれないし、その羅針盤でもっと視野が広い豊かな道が見えてくるかもしれません。

DSC_0356

変わりゆく街

僕がこの街に来て、17年が経った。数年間離れていた時期もあったが、今はまたこの街にいる。

古くからあるこの商店街は、時の経過と共に表情を変えてきた。いつのまにか閉店する店、そしてそこに新しくできる店。

昔の駅から家までの一本道の途中には、毎日足を運びたくなるような店があった。

けれど、古い酒屋はコンビニに変わり、この街で独特の存在感があった家具屋や履き物屋は、居酒屋チェーン店のような、どこにでもある店に変わってしまった。

時間や時代の流れに耐えきれなくなった個性溢れる個人商店が、一店、また一店と姿を消していき、商店街の表情から個性が失われつつあるのはとても切ない。

個人商店にはその店を表す、まさにその店の顔である個性溢れる店主がいた。

一声も喋らない古本屋のおじいさん。店の前でただただ煙草を燻らす強面のオヤジ等。取っ付きにくかったけれど何故か不思議と惹き付けられる魅力があった。

 

お金がない大学生の時、とても小さい商店街の古本屋に僕は通い詰めていた。天井付近まで本は積み上がり、客が勝手に脚立を立てて本を取る。

ほこりの匂い、空気感、そして店主の文芸好きを感じる個性ある本棚が僕は好きだった。時代物から純文学まで。日焼けした全集は何十年も売れていないのだろう。

いつのころからかその本棚のラインナップはほぼ暗記してしまい、大学生協と値段を比較しながらいつも買う本を選んでいた。

勿論店主と話したことはない。一年で100日弱は足を踏み入れていたとしたら店に入ったのは3〰400回かもしれない。

それだけの回数通っていたのだけれど、ただの一度もお互い話しかけることも話しかけられることもなかった。「これ、、、そうだな、、300円」「はいお釣り200円」交わす言葉はいつもこれだけ。

無愛想な老翁が手にして老眼鏡で読んでいたのはいつも純文学だった。もしかしたら若いころに読んだ本を読み返しているのかもしれないと、僕は勝手にいつも想像していた。

そんな老翁、無口な店主とただ一度だけ言葉を交わしたことがある。

当時僕はバイトで稼いだお金を握りしめ、自分としては少し背伸びした感のある作家の全集を買いにいった。近所だけど、持ち帰れるようかなり大きなリュックを背負って。その全集が何千円だったのか、一万円くらいしたのかは今となっては定かではないが、大分背伸びした額の買い物だったことは覚えている。意を決して老翁の前に持っていき、なにも言わずにお金を渡そうとしたその時、

「これ、全部で500円でいいよ」
「え?」僕は耳を疑った。普通に人気の作家だし、神保町の古本屋ではありえない値付けだ。
「いや、、でも、、」僕は困惑した。
「いいんだよ、好きなんだろ、その作家」いつも僕が買う本をなんとなくチェックしていたのかもしれない。ありがたく甘えさせてもらった。急に交わされた会話への困惑、なんとも不思議な気分の中で。

 

その一週間後、いつもの翁の席には少し若いおじさんが座るようになった。さらに一か月後、店が開く日が少なくなった。

しばらくたったある日、店には「忌中札」がはられていた。

 

その日から今日まで店のシャッターは閉じられたままだ。

読み終わらない日焼けした全集は、今も僕の本棚で街の西日を浴びている。

IMG_20151013_231619

「使い道のない風景」

インスタグラムを始めて、色んな美しい風景の写真、共有したいと人が思う写真の数々を目にしている。(まあ、料理とか拉麺の投稿は置いといて)。

これってつくづく「使い道のない風景」の集積だなあっと思う。

この言葉は村上春樹の言葉だけど、風景というものをよく表す、
僕の好きな言葉だ。

僕らは旅や、生活のなかで幾つかの記憶に残る風景や鮮烈な風景と出会う。

それはなにかを思い出させてくれたり、なにかを喚起させてくれるような気がするが、なかなか明確な形として説明ができたり、直接的な表現になることは少ない。

村上春樹はこう言う(一部改、中略)

その数々の「使い道のない風景」は、きっとそれぞれの中で
次の風景に繋がっていく。

その結果、それらの風景は僕らの意識を揺り動かす。
使い道はなくてもそれらを僕らは必要としている。

写真は、そこにあったそのものの風景を切り取っているはずなのに、
何か大事なものが決定的に失われている。

でも、それもまた悪くない。

人生においてもっとも素晴らしいものは、過ぎ去って、もう二度と戻って来ることのないものだから。
いいたい事は、そういう事だ。ほとんど引用になっちゃったけれど。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「映画鑑賞とロードムービー」わたしに会うまでの1600キロ

 

今日は、山へも行かず久々の映画鑑賞。
「Wild わたしに会うまでの1600キロ」を新宿角川シネマに観に行った。  最近は本当にみたいと思う映画が本当に少なくなった。高い金払っていくのだから自分の中で厳選していかないと後悔ばかりが残る。別に僕は映画に詳しいわけでも何でもないのだけれど、観に行きたい映画が減ってきたという実感は少し悲しい。

それはさておき、今日見た映画について。
ストーリーは単純。

「母の死と離婚、愛する人との別れから、喪失感に苛まれた失意の彼女が自分自身を取り戻すために選んだのは、無謀にも1600キロをたったひとりで歩くことだった」

どうやら僕はロードムービーが好きなようだ。36歳の今更になって気づいたことだけれど。
ロードムービーというのは旅の途中で起こる様々な出来事が、映画の物語になっている形をいう。歌舞伎でいうと「道行(みちゆき)」である。目的、または終局へ達するまでの事の経過や事象、いきさつのことだ。
最近(でもないけれど)話題になったロードムービーといえば「ストレイト・ストーリー」や「イントゥ・ザ・ワイルド」あたりだろうか。古くは「道」とか「イージー・ライダー」とかがあるかな。広い意味では「男はつらいよ」シリーズ、寅さんもロードムービーですな。やっぱり好きなんだなあ。

ロードムービーを観ていると、単純だけれど主人公がその道行で思うことや、発する台詞、言葉と、自分の中にある感情がうまくリンクすることがある。「ある」というよりうまく重ね合わせることが「できる」といったほうが正確かもしれない。より感情移入しやすいのがロードムービーだ。もしかしたら、最近山ばっかり行っているからなおさらそう思えるのかもしれない。

ハリウッド超大作を観て感情移入できますか?いや、それ自体がいいとか悪いとかいう話ではなくて、映画との接し方の話。僕だって普通にアクションとかスパイ物とか好きだしさ。

やっぱり「自分のリアル」を感じない映画は、観てもやはり心が動かないし、見終わったあと何ものこらない気がする。だからこそそれを強く感じることができるロードムービーが好きだ。

そう、つまるところ人生とはすなわち「道行(みちゆき)」なのである。人には人のロードムービーが存在する。ひとの人生の数だけ。
強引ですが、おあとがよろしいようで。

みなさんは、どんな映画のジャンルが好きですか?
意外とそこで出したこたえが、あなたを映し出すかもしれません。

IMG_20151005_180354

「長岡花火」

もともと新潟県民だったにも関わらず、長岡花火の「祈りの花火」たる所以を知らなかった。当時まだ小学生だったからとはいえ、もっと早くにこの事実をきちんと知っておきたかった。

純粋に美しい花火。儚さの中にある再生と希望への想い。

山下清さんの言葉
「みんなが爆弾なんかつくらないできれいな花火ばかりをつくっていたらきっと戦争なんか起きなかったんだな」

日本の行事には、時代を超える素敵な想いであふれてる。

(以下転載)
 昭和20年8月1日午後10時30分、米軍の爆撃を受けた長岡の空は赤く染まり、街は一夜にして灰塵と化し、1,470余名の命が奪われました。
.
その二年後、地獄の底から立ち上がった市民は、戦災復興と平和への祈りを込めて、長岡の空に花火を捧げました。戦中の中断を経て、再び「長岡花火」は祈りの花火として復活。喜び、悲しみ、感謝、鎮魂、人々は時代を越え、毎年惜しみなく夜空を染め上げる華麗な一瞬の花々に、さまざまな思いを託し続けてきました。
.
そして毎年8月1日午後10時30分、長岡空襲が始まった時刻に合わせて慰霊の花火を打ち上げる。更にいまでは日本三大花火と称されている長岡花火は、毎年8月2日と3日の二日間行われています。長岡大空襲、そして近年の中越大震災、長岡の花火とは、まさに私たち長岡市民の再生と希望の象徴なのです。
.
写真は、あの裸の大将、山下清画伯が描いた「長岡の花火」という名作。そして、山下清さんの言葉。
「みんなが爆弾なんかつくらないできれいな花火ばかりをつくっていたきっと戦争なんか起きなかったんだな」
.
その山下清さんの描いた「長岡の花火」をいまも家宝として大切に所蔵しているのが、世界の夜空を舞台に活躍し「長岡花火」を支えつづけてきた花火師、嘉瀬誠次さん。
嘉瀬誠次さんの作る花火は、ゆっくりしんなりと開く。花火にも個性があり、ゆっくり燃えるのが人の気持ちを引っ張るという当代切っての花火師は、復員後の昭和24年からずっと長岡の花火を打ち上げ続けてきました。
「全ての爆弾を花火に換えたいねー。二度と爆弾が空から落ちてこない、平和な世の中であってほしいんだよ。破壊のための火薬を楽しみのために使うんさ」
.
暑い日が続きますが、皆さん、いい夏をお過ごしください。

11828774_872632776125371_2095220903867426944_n

 

 

「冒険の森へ」傑作小説大全

みなさん全集って持ってますか?
なかなかそんな人いないよね。

かくゆう私も、読書は好きだが全集は諸々無駄が多い気がして手を出さなかった。

でもこの全集は、なにか新しい出会いと発見がありそう。
「冒険の森へ」 タイトルがいいじゃない。
読みたい本だけを読むことも読書。新しい作家や物語との出会いを模索するのも読書。

今までにないやりかたでなにかと向き合う姿勢は、これから歳を重ねていくなかで忘れてはいけないと思う。そんなわけで、いざ冒険の森へ一歩踏み出そう!

http://www.shueisha.co.jp/bouken/
↑冒険の森HP

退屈な6月と紫陽花

みなさんおはようございます。お暇な方の朝のお供「常酔亭日乗」です。

久々の更新です。6月は嫌ですね。雨が多くて。

この土日は珍しく晴れており、夏の訪れを感じます。「波乗りジョニー」です。青い渚を走って恋の季節がやってきます。TUBEの歌が聞こえてきます。「あー夏休み」暑苦しい。

 

さて、最近わたくしは早起きでして、朝から呑気に、じいさんよろしく散歩なんぞしているわけですが、ほんの数十分の散歩の中に季節の移ろいを感じるわけです。サンダルでペタペタと歩きながら春は桜を一人で愛でたり、冬は寒さを一人で感じたり、秋は一人で紅葉に感動したりとまあ情緒ある散歩です。いちいち「一人で」って書かなくてもいいですが散歩は一人にかぎります。

 

今日は梅雨の晴れ間ということでこれまたのんびり散歩してましたが、まあ、綺麗に咲いておりました。アジサイが。漢字で書くと「紫陽花」です。漢字のほうが色っぽいというか花の艶を感じますね。

DSC_0167

のんびり歩きながらふと、紫陽花についてググったりしてみました。散歩しながらスマホはもはや現代病です。

いやー驚きました。なんと「あじさいには毒がある」とのこと。厚生省のHPにのってるぐらいなのであるていど信用できる情報でしょう。

花に青酸カリ的な成分が入っているらしく、食わなきゃいいってだけのことで別に剪定とかそういうことにはなんの影響もないらしいのですが。刺身のツマに紫陽花が飾ってあっても食べてはいけないとのこと。酔って紫陽花食べて痙攣しないようにしましょう。

まあよく言う「きれいな花には毒がある」ってやつです。

 

あと、ちょっとショックだったのが花言葉。

紫陽花にもいろいろ種類があるのでいろんな花言葉があるのだけれど総じて印象がよくない。

「移り気」「冷淡」「辛抱強さ」「冷酷」「無常」「高慢」

なんでしょうねえ。なんというか「まわりから高嶺の花といわれているけど嫌われがちな女性」的な印象を受けますねえ。それでもこういう花に惹かれてしまうのはアホな男子の習性でしょうか。

ん?何の話だ?

 

話をまとめると「梅雨はじめじめ、紫陽花には毒があり、ぼーっとしていろんな毒気にやられないようにしましょう」ということです。

 

まとまってねーや。退屈な朝の物思いでした。

それではみなさん、よい日曜日を!!

「男のヨガ」(常酔亭日乗2013年10月26日)

なんだよ!今週よていないのかよ!!ってことで冴えない週末が続いてる。そんなわけで今日のテーマは男のヨガである (どんなわけだよ!!) 。

僕は、生活に運動が欠かせない人間ではあるのだが、何か能力を伸ばそうとしたときに必ず弊害になるのが異常に硬い身体である。一時期ストレッチを毎日やっていて結構柔らかくなったのだが、暫く休むとすぐに硬い身体に戻ってしまう。それではボルダリングが上手くならないので、柔軟性を上げようと遂に購入した本がこの「男のヨガ入門!!」である。

前々から「ヨガ」というのには興味があったのだが、どうしても世間的には「ヨガ=女性」のイメージが強いし、事実ほとんどのヨガの本は本屋では女性誌や美容のコーナーみたいなところにあってなんか近寄ることも出来ない(笑) 周りでヨガやってる男になんてであったこともない。一回ストレッチ用に「ヨガマット」を買おうかと、スポーツ店のヨガコーナーに行こうと試みたこともあったけれど、これまた売場は女性ばかりで近寄れず、遠くから眺めることしか出来なかった。

こりゃあ、自分でやるしかないと思い、本屋の美容コーナーではなく、スポーツコーナーにあった本書を勇気を出して買った次第だ。DVDも付いていて丁寧そうだったのも購入の動機。

早速、家路を急ぎ、DVDを再生。ヨガをするお兄さんのポーズを真似てヨガをしてみる34歳。自分でも思うが、これはかなり不気味な光景である。
それはさておき、全然入門でもなんでもない!!最初の「やさしいハトのポーズ」すら股関節が壊れるかと思った。そもそもこの「やさしい」はポーズを修飾しているのではなく「ハト」を修飾した言葉なのではないかと疑ってしまう。だって、事実やさしくないから。実感は「小難しいハトのポーズ」である。機嫌の悪いハトである。

その後も一応一通り約一時間のDVDに合わせてやってみたけれど、まともに出来たポーズは「おやすみのポーズ」くらいだ。んでもって、結果、今、胸筋が異常に痛い。胸骨の周りが痛い。無理してやって痛めたようだ。柔軟性を上げようとして故障した。。完全に本末転倒である。もうヨガは暫くいいや。。。

胸が痛むのは恋の病だけにして欲しいものである。お後がよろしいようで。。(了)

1385537_447877568655100_560617588_n

平日の午後

平日の午後に休んで家にいると、自分の普段とは違う日常が流れていることを実感する。そしてそれは仕事に追われる日常とは異なり、こんなにも時間というのはゆったりと流れているものなのだと気付く。近所の高校からは吹奏楽部の練習の音が聞こえ、下校中の子供達の声が聞こえてくる。スーパーの店内は夕方の買い出しで慌ただしかったけれど、買い物に行って帰ってきても、たかだか30分だ。 同じ30分でも会社にいたら全く違うスピードで時間は流れていく。

よく「時間活用術!」「スキマ時間を有効に!」と世の中は効率よく物事を進めることがいかにも大切で重要なことだと声々に叫ばれているけれど、果たしてそれは正しいことなのだろうか?確かに仕事を効率よく進めることは大事だし必要なことだ。けれどその考え方だけに支配されて、日々の時間を埋めることだけに生活が支配されていたとしたらそれはとても窮屈だ。そこから豊かな発想や想像は生まれない。考え方の幅も、時間を埋めていくことに支配されて逆に拡がらないだろう。おおいなる無駄から生まれるなにかもあるはずだと思いたい。

決して時間活用術を否定する気はない。けれど、「ああ、今日の夕陽は綺麗だな」 と思える余裕や、「自分の部屋からもこんなに綺麗な夕陽がみえること」に対する気付きくらいはもてるような、心にゆとりをもった時間の流れを自分の中に持ちたいものである。

『たまには翻訳なぞ』(常酔亭日乗第十三夜)2013年6月8日

 

「IN MY LIFE」

(J.Lennon & P.McCartney)

There are places I’ll remember All my life, though some have changed, Some forever not for better, Some have gone and some remain.

All these places had their moments With lovers and friends I still can recall.

Some are dead and some are living. In my life I’ve loved them all

But of all these friends and lovers, there is no one compares with you, And there memories lose their meaning When I think of love as something new.

Though I know I’ll never lose affection for people and things that went before, I know I’ll often stop and think about them, In my life I’ll love you more

Though I know I’ll never lose affection for people and things that went before I know I’ll often stop and think about them,

In my life I’ll love you more.

In my life I’ll love you more.

 

僕の記憶の中にある場所がある 生きていく中でいくつかの場所は変わってしまったし 失くなった場所もある 永遠に変わらない場所もある 

全ての場所には思い出があり 恋人や仲間達との時間がそこにある 

永遠の旅に出てしまった人もいるし、変わらずに生きている人もいる これまでの人生の中で、僕は全てを愛してきた

今まで出会った仲間達や過ぎ去った日々へ想いは決して無くならない。それはわかっている。 時々立ち止まって彼等のことを想うだろう

けれど、僕が人生の中で何より愛してるのは、君なんだ。全ての友人や恋人達の中に 君と比べられる人はいない

これからも人生の中で、僕は君を変わらず愛するだろう

 

「いやー、翻訳ってやってみると難しいですね!! 英語の読解力はもちろんだけれど日本語の表現力がないとダサイ和訳になっちゃうね。久々に頭使ったわ。

文法的に間違ってたり、拡大解釈してるところもあるでしょう。これは歌だから、多目にみてください。ってことでビートルズです。

In my life I’ll love you more. のyouを今の人と解釈するか過去の旅立った人するか迷ったけれど、僕は「過去の人」としました。なぜなら震災の後にしばらく時間が経ってから聞いた時に、この歌が僕には鎮魂の歌に聴こえたから。

『今、あなたはここにいないけれど変わらず私はあなたを愛し続けるだろう』

今はそう解釈して聞いてます。いつかその解釈は僕の中では変わっていくかもしれないけれど。。本当に本当にいい歌です。」
IMG_20150413_065449