眼鏡とコンタクト



人気ブログランキングへ
僕は極度の近眼であり、乱視である。そのため眼鏡とコンタクトが必須でこの二つがないと日常生活もままならない。高校生の時までは逆に視力は2.0よりよかったどころか遠視の眼鏡すら持っていた。しかし、高3でテニスを一度引退してから浪人時代の一年半で、2.0から0.1まで視力が落ちてしまったのだ。受験戦争を戦い抜いたからそうなったのならまだ格好がつくのだけれど、勉強もろくにせず、朝から晩まで文庫本を読み耽っていたので視力が落ちたのだ。

高校までは2.0だったのが突然どんどん見えなくなっていったときはこのまま落ち続けていく恐怖すらあった。でも結果、いちおう視力は0.1あればあとは眼鏡とコンタクトがなんとかしてくれるものである。

この眼鏡というのもはっきりいって邪魔である。スポーツするときはコンタクトだが事務作業時は眼鏡である。そのため圧倒的に眼鏡の日々が多いのだが、僕は酔っぱらうとよく外す癖があるのかよくわからないが、気付くと眼鏡をしていなかったりする。しかも飲み会中ならいざ知らず帰り道でなくすのだ。視力が0.1で夜の道をどうやって帰っているのか謎である。何度も何度もなくすので、今では安い眼鏡しか買わないようにしているが、皮肉なことに5,000円の眼鏡に変えてから、一度も無くしたことはない。

あと、コンタクト。これもまた厄介だ。読者のかたで僕の顔を知っている人なら頷けると思うが、僕は俗にいう「キツネ目」というやつで目が異常に細い。起きてても寝てると思われるほど細い。そのためコンタクトは毎朝入れやすいように楕円形に自分で切って目に入れている(嘘です)。

とにかくものすごく瞼を持ち上げないと真ん丸のコンタクトをキツネ目に入れることは困難なのである。登山中など、テントをたたむ時間よりコンタクトを入れている時間のほうが長いのだ。そしてコンタクトもまた、夜遅くなると乾いてきて鬱陶しいのか飲み会中に無意識に外して捨ててしまうことがある。そのため必ずワンデイなのだ。これは眼鏡と同じ法則です。

普段コンタクトの女の子が突然眼鏡になったりするとちょっとドキドキしてしまうが(逆もまた然り)、おっさんは眼鏡だろうがコンタクトだろうがどうでもいい。

ああ、飲み会時に安全に帰れるように裸眼で生きていける視力が欲しい。でもレーザー手術は怖いので、あいも変わらず毎朝眼鏡を探し、コンタクトを必死になって寝起きの目に押し込む日々である。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


眼鏡とコンタクト」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。マツケンさん!
    FBめっきり更新してなくて、けど、マツケンさんのblogはみてるよ。
    実はわたしもかれこれ7年程blog書いてます。。まあ何気ないことだけど~。
    そして、メガネとコンタクト、me too!!
    共感です。普段コンタクトなんだけど、最近感想ひどくてメガネだったり。
    愛読してるので、これからも楽しみにしてます!

    1. さなえさん 愛読ありがとう。そしてコメントもありがとう。7年もブログ書いてるの!?それがすごい!今度読んでみたいからFBメッセージにでもHPアドレス教えてくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です