「常酔亭日乗」ブログ版スタート!



人気ブログランキングへ
さて、僕の友人の皆様には、フェイスブックで公開してきた押し付けエッセイ「常酔亭日乗」を、ついにブログ版として新たにスタートすることとしました。今まで「FBの投稿としては長い!」「山行記録は形として残したほうがいい」といったご意見をいただいており、このたびブログページを独自ドメインで開設することとあいなりました。
もともと僕はアナログな人間であり、Webページ開設なんてできるのか?っと思っていたのだけれど、今ではいろいろ便利なツールもあり、意外と簡単にここまで辿り着きました。アドバイスいただきました友人H君には深く感謝いたします。

そんなわけで、新生「常酔亭日乗」が始まったわけですが、そもそもこのタイトルは何ぞや?っというところから説明します。このタイトルはいってみれば「パクリ」なのですね。誰の何を真似しているかわかったそこのあなた!!なかなかの文学通ですね。
これは永井荷風の日記「断腸亭日乗(だんちょうていにちじょう)」をまねたタイトルなのです。この永井荷風の本はなかなか面白く、読み物としても近代史の資料としても非常に優れたもので僕の好きな本の一つです。そんな大作家のタイトルを真似るのだから、少しでも面白く、よき文章を綴っていきたいものです。

では「常酔」の二文字はどこから頂いたかというと、これはなんと僕の曾祖父の戒名の一部なのです。当時、新潟市でも有名な呑兵衛だった曾祖父が亡くなった際、その事実を知っていた坊さんが、「常に酔っている男」という意味で戒名にこの「常酔」の二文字を入れてくれたらしい。初めて知ったときは、どんだけ酔っ払いの家系なんだよ!と驚いたと同時に、こういう戒名を与えてくれた坊さんも、呑兵衛の曾祖父に対しても「粋」だなあと感じたわけです。僕も「粋」な呑兵衛でありたいと常々思っておりますが、これ(酒)に関しては未熟も未熟。「野暮」にすら達していないので日々是精進であります。

というわけで、およそ同時代を生きた二人から頂戴したのがこの「常酔亭日乗」というタイトルなわけです。恥ずかしながら結構自分でも気に入っているので、ブログ版でも継承して使っていこうと思います。

まだ、本ページはベータ版で作成しており、今後デザインとかもろもろ改良していくつもりですが、取り急ぎテストも兼ねたページ開設の最初の投稿です。
今後もまた徒然なる日々の出来事、山の記録等を連載していきますので、みなさまどうぞご贔屓に。よろしくお願いいたします!!

ちなみにこの「ですます体」の文章はあまり得意ではないので、次回から「である体」で再開いたします!


「常酔亭日乗」ブログ版スタート!」への2件のフィードバック

  1. ちゃんと読めてるよ!
    常酔亭の由来が分かってすっきり!(笑) なるほど、粋な曾祖父さまにお坊さんだね。これから始まるマツケンブログ、楽しみにしています(^-^)

    1. fusaeさんっていうかふーちゃん(笑)コメントありがとう!!明日か明後日、大菩薩山レポートアップ予定!今後もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です