「本へのとびら ー岩波少年文庫を語る」宮崎駿著 岩波新書読了(2011年12月4日))。


ジブリの宮崎駿がお薦めの岩波少年文庫について熱く語っています。少年少女時代に岩波少年文庫を食い入るように読んだ方も多いのでは?そんな方は是非手にとって見てください。紹介されている表紙だけで当時読んだ記憶が蘇ります。
「ドリトル先生航海記」とか「星の王子様」とか「飛ぶ教室」とか、数え上げればきりがない名作揃いの岩波少年文庫。実家で読み返そうと思ったけど、全て僕より後から生まれた従兄弟たちにあげてしまったとのこと。残念。

唯一、僕が一番のお気に入りだった「冒険者たち」が宮崎駿の選に漏れたことが不満でなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です