「男のヨガ」(常酔亭日乗2013年10月26日)


なんだよ!今週よていないのかよ!!ってことで冴えない週末が続いてる。そんなわけで今日のテーマは男のヨガである (どんなわけだよ!!) 。

僕は、生活に運動が欠かせない人間ではあるのだが、何か能力を伸ばそうとしたときに必ず弊害になるのが異常に硬い身体である。一時期ストレッチを毎日やっていて結構柔らかくなったのだが、暫く休むとすぐに硬い身体に戻ってしまう。それではボルダリングが上手くならないので、柔軟性を上げようと遂に購入した本がこの「男のヨガ入門!!」である。

前々から「ヨガ」というのには興味があったのだが、どうしても世間的には「ヨガ=女性」のイメージが強いし、事実ほとんどのヨガの本は本屋では女性誌や美容のコーナーみたいなところにあってなんか近寄ることも出来ない(笑) 周りでヨガやってる男になんてであったこともない。一回ストレッチ用に「ヨガマット」を買おうかと、スポーツ店のヨガコーナーに行こうと試みたこともあったけれど、これまた売場は女性ばかりで近寄れず、遠くから眺めることしか出来なかった。

こりゃあ、自分でやるしかないと思い、本屋の美容コーナーではなく、スポーツコーナーにあった本書を勇気を出して買った次第だ。DVDも付いていて丁寧そうだったのも購入の動機。

早速、家路を急ぎ、DVDを再生。ヨガをするお兄さんのポーズを真似てヨガをしてみる34歳。自分でも思うが、これはかなり不気味な光景である。
それはさておき、全然入門でもなんでもない!!最初の「やさしいハトのポーズ」すら股関節が壊れるかと思った。そもそもこの「やさしい」はポーズを修飾しているのではなく「ハト」を修飾した言葉なのではないかと疑ってしまう。だって、事実やさしくないから。実感は「小難しいハトのポーズ」である。機嫌の悪いハトである。

その後も一応一通り約一時間のDVDに合わせてやってみたけれど、まともに出来たポーズは「おやすみのポーズ」くらいだ。んでもって、結果、今、胸筋が異常に痛い。胸骨の周りが痛い。無理してやって痛めたようだ。柔軟性を上げようとして故障した。。完全に本末転倒である。もうヨガは暫くいいや。。。

胸が痛むのは恋の病だけにして欲しいものである。お後がよろしいようで。。(了)

1385537_447877568655100_560617588_n


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です