退屈な6月と紫陽花


みなさんおはようございます。お暇な方の朝のお供「常酔亭日乗」です。

久々の更新です。6月は嫌ですね。雨が多くて。

この土日は珍しく晴れており、夏の訪れを感じます。「波乗りジョニー」です。青い渚を走って恋の季節がやってきます。TUBEの歌が聞こえてきます。「あー夏休み」暑苦しい。

 

さて、最近わたくしは早起きでして、朝から呑気に、じいさんよろしく散歩なんぞしているわけですが、ほんの数十分の散歩の中に季節の移ろいを感じるわけです。サンダルでペタペタと歩きながら春は桜を一人で愛でたり、冬は寒さを一人で感じたり、秋は一人で紅葉に感動したりとまあ情緒ある散歩です。いちいち「一人で」って書かなくてもいいですが散歩は一人にかぎります。

 

今日は梅雨の晴れ間ということでこれまたのんびり散歩してましたが、まあ、綺麗に咲いておりました。アジサイが。漢字で書くと「紫陽花」です。漢字のほうが色っぽいというか花の艶を感じますね。

DSC_0167

のんびり歩きながらふと、紫陽花についてググったりしてみました。散歩しながらスマホはもはや現代病です。

いやー驚きました。なんと「あじさいには毒がある」とのこと。厚生省のHPにのってるぐらいなのであるていど信用できる情報でしょう。

花に青酸カリ的な成分が入っているらしく、食わなきゃいいってだけのことで別に剪定とかそういうことにはなんの影響もないらしいのですが。刺身のツマに紫陽花が飾ってあっても食べてはいけないとのこと。酔って紫陽花食べて痙攣しないようにしましょう。

まあよく言う「きれいな花には毒がある」ってやつです。

 

あと、ちょっとショックだったのが花言葉。

紫陽花にもいろいろ種類があるのでいろんな花言葉があるのだけれど総じて印象がよくない。

「移り気」「冷淡」「辛抱強さ」「冷酷」「無常」「高慢」

なんでしょうねえ。なんというか「まわりから高嶺の花といわれているけど嫌われがちな女性」的な印象を受けますねえ。それでもこういう花に惹かれてしまうのはアホな男子の習性でしょうか。

ん?何の話だ?

 

話をまとめると「梅雨はじめじめ、紫陽花には毒があり、ぼーっとしていろんな毒気にやられないようにしましょう」ということです。

 

まとまってねーや。退屈な朝の物思いでした。

それではみなさん、よい日曜日を!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です